メイドの人間関係

Tea Time

メイドと主人

表向き、女主人はメイドを厳格に監督する立場でした。浅慮で未熟な少女たちには躾が必要だったと信じられていたからです。国教的信仰が大いに影響していました。
だから服装はもちろん、休暇の行動も制限されていました。同僚に男性使用人がいたら、たがいの部屋にも行き来してはいけません。もちろん、恋人もダメ。

それでも時代が下ると、メイドたちは夜中までダンスやデートを楽しむため、門限を破ることもありました。もし主人に発覚すれば、即刻、解雇の危険を孕んでいても。それだけ抑圧されていたのもありますし、若さゆえの勢いでしょう。

同僚のない雑役女中は、女主人とともに家事をこなす必要があるため、親密な関係でした。同僚が増えると、下級メイドは主人との接点が減っていきます。人数が増えると、奉公を始めてから転職するまで、一度も主人たちの顔を見なかったメイドもいたほどです。

メイドの仕事はハードでした。よほど居心地が良くないとメイドは居着かないため、しょっちゅう入れ替わるのが普通でした。主人が厳しければ、さっさと転職するのです。それでも大きな失態をしないよう注意しないと、良い紹介状を書いてもらえず、路頭に迷うのをメイドたちは恐れてもいました。

いくら女主人といっても、使用人がいなくては料理のひとつもできません。そうなると料理人との主従が逆転することもありました。料理人の言動や行動におびえる若奥様のエピソードは当時、よくあることでした。
ある料理人は制服が嫌だからと、キャップを外し、長袖のドレスを半袖にして仕事をしました。女主人が腕カバーをつけるように支給するも、受け取るだけで使用しないまま。それでも料理人が去るのを恐れたのか、女主人は何も言わなかったそうです。

厳格な主人たちですが、子どもだけは別でした。幼いあるじたちは乳母や家庭教師といった使用人に育てられるため、よく階下を行き来していました。使用人たちとも親密になり、成長した少年少女は、優しかった乳母を忘れられず、手紙のやりとりを続けることもあったほどです。
しかしなかには主人に任せられているのをいいことに、子どもたちへ虐待に近い躾をする乳母もいました。

SYMPATHY.

メイドと同僚

女ばかりの職場は昔からむずかしかったようです。
あるメイドは三人ではなく、四人のメイドが奉公する屋敷で働こうとしました。三人だと二人が結託し、一人が仲間はずれにされるパターンが多かったから。……女三人組は難しいとよく言うけど、19世紀のイギリスもそうだったなんて(大苦笑)

大きなお屋敷だとたくさん、同世代の娘たちがいるからでしょう。屋根裏部屋で仲良くお菓子を食べながらおしゃべりをするのが楽しみでした。女学校みたいなものでしょうか。

料理人は気むずかしいタイプが多く、下で働く台所女中は気苦労しました。

Elevenses

家政婦は厳格な母親のような立場だったため、部下たちから畏れられていました。執事と同じですね。

むずかしい立場にいたのが、女家庭教師と侍女、乳母です。直接、主人たちと接する立場のため、ほかの同僚たちからあまりよく思われていませんでした。威張っているように見られ、告げ口される可能性があったからです。

とくに女家庭教師は孤独でした。教養のあるレディとしての体面があるため、使用人同士として階下で親しくできず、かといって主人たちにとっては子どもを教育するだけの使用人。親がそうだから、子どもたちからも見下されてしまい……。
どちらつかずの状態で日常をすごすうちに、精神を病む女家庭教師もいました。相談できる相手がだれもいなかったのでしょう。女余りの時代の悲しいエピソードです。

GRACE-LESS!

コメントは受け付けていません。