19世紀末ごろのヨークシャー地方の食卓

児童文学『秘密の花園』は、ひねくれ者のお嬢様であるメアリが遠縁のお屋敷に引き取られ、快活で明るい少女に成長する物語です。作者はヨークシャーの自然あふれる豊かな生活と食卓を、作品の中で再現しています。 子供たちは当時のお屋 続きを読む 19世紀末ごろのヨークシャー地方の食卓

1900年 下層中流階級と労働者階級のメニュー

1899年~1901年にかけてヨーク市に住む労働者階級の食卓を研究した書籍、『貧乏研究』があります。 ここでいう労働者とは「使用人を1~4人雇っている家庭」と「使用人がいない家庭」に分類されており、使用人のいる家庭=下層 続きを読む 1900年 下層中流階級と労働者階級のメニュー

チャタレイ夫人の恋人は森番(ゲームキーパー)

18世紀当時、上流階級の貴族や地主は鹿狩りが娯楽でした。その肉を晩餐で振る舞うのがステイタスシンボルであり、同時に高価で貴重な獣肉だったのです。 その鹿を領内の森で飼育するのが、森番(ゲームキーパー)の仕事の始まりであり 続きを読む チャタレイ夫人の恋人は森番(ゲームキーパー)

産業革命で失った食材と始まった食材

イギリスの料理はまずいことで有名ですが、食材の多様性を失った産業革命後から「まずく」なったと言われます。 しかし上流階級は変わらず美食を追求した晩餐を食べていましたし、レストランやクラブも同様でした。それらを作っていたの 続きを読む 産業革命で失った食材と始まった食材